太陽光発電にも種類がある!住宅用と投資用の違いとは何か


導入コストによる違いがある

テレビCMでは住宅の屋根に太陽光発電用のパネルが設置されているシーンが多いですが、これは住宅用の太陽光発電です。自分の所持している住宅の屋根に太陽光パネルを設置するのが、住宅用太陽光発電の導入パターンだと言えます。太陽光パネルを設置するための土地を購入する必要がないので、投資用の太陽光発電よりも導入コストが安い傾向にあります。投資用の太陽光発電を始めるためには太陽光パネルを設置するための土地を購入することも求められるので、資金に余裕のあることは必須事項だと考えられます。

個人で利用することを考えると、導入コストの低い住宅用の太陽光発電が向いているでしょう。投資用の太陽光発電は企業が次世代エネルギーへの事業展開を狙うときに適していると言えます。

住宅用太陽光発電は電気代に関するメリットがある

投資用の太陽光発電は基本的には売電による収入を狙った利用が多いです。山地に太陽光パネルを設置するケースも多いので、企業が太陽光発電を始める場合には電気代の節約は見込めません。それに対して住宅用の太陽光発電は基本的には自宅の屋根に設置するケースが多いので、自分の家に必要な電力を太陽光発電で賄えるというメリットが得られます。天候に左右されやすいのが太陽光発電の難点ではありますが、天気の良い日に蓄電できていれば、毎月の電気代が大幅に安くなる可能性もあるでしょう。住宅用の太陽光発電でも余った電気は売ることができるので、毎月の副収入が得られる可能性があるのも嬉しい要素だと考えられます。

太陽光発電の価格は、設置の条件によりますが1kWにつき、大体25~40万円ぐらいのようです。しかし、業者の方やメーカーの方によって細かい見積は違うようです。